【犬や猫に新型コロナウイルスは感染するのか?】 – 現在のところ、その可能性があるとされています –

前のブログ記事で、新型コロナウイルス が犬に感染するかどうかについて書きました。そのときには、まだ感染の可能性はないだろうという内容でしたが、それから検査が継続され、現在では感染の可能性ありとされています。

それでも、犬からヒトにうつることは確認されていませんし、犬から犬への感染も確認されていません。そして、この犬には何も症状がみられていません。

新型コロナウイルスの感染予防に有効とされる手洗いをこまめにする中で、犬や猫などの哺乳類を触った場合には、必ず手洗いをするようにしてくださいね。

では、この話がどこから出てきたのかをご紹介します。

始まりは、2020年2月26日です。この日に中国の香港で感染者が見つかりました。この方についての詳細はないのですが、当然、初めての感染者ではなく、次々と発見される感染者の一人として見つかったわけです。

この患者は1匹の犬と暮らしていました。保健省というところが患者を引き受け、犬は香港漁農自然護理署(AFCD)というところが引き取ります。犬を引き取ったAFCDは、その犬を保健所で隔離しながら検査を繰り返すことにしたということです。

ここまでの情報は、2020年2月28日付けAFCDのプレスリリースのページ(英語)にあります。

ここで、この犬から新型コロナウイルスが検出されました。弱い反応とのことでした。

この段階で、この話題は世界を駆け巡ります。そこでは、いろいろな動物関連の機関がこれは単にウイルスが犬に付着しているだけで、感染とは異なる現象だろうと予想しました。

しかし、その後のAFCDの継続的な検査で、感染の可能性という表現に変わってきます。

低レベルの感染という表現を使って出された2020年3月4日付けAFCDのプレスリリース(英語)です。

ここで、AFCDが検査結果の検討をする中で、専門家の意見を聞いています。その専門家とは、香港大学公衆衛生部、香港市立大学獣医学部及び生命科学部、そして国際獣疫事務局(OIE: World Organistion for Animal Health)です。

特に権威のあるのがOIEです。日本の農林水産省のページにOIEについての解説(日本語)があります。

そして、このOIEのページには、獣疫の観点からの新型コロナウイルスに関するQ&A(英語)があります。

対象となる犬は1匹だけです。世界中でただの1匹です。

そして、付着ではなく感染となったのは、この犬の鼻と口からのサンプルで、ウイスル遺伝子が数日間に渡って検出されたことです。

初めの検査は2月27日です。次が3月2日、そして3月5日です。おそらく、また次の検査結果も報告されるはずです。そして、これら3回の検査(RRT-PCR)で陽性反応が確認されました。そのうち、3月2日と3月5日の検査結果(英語)がOIEのページに記載されています。

これがなぜ付着ではなく、感染と言えるのか。

ここでは、まず感染とは何か?を知っておく必要があります。感染、特にウイルス感染とは、まずウイルスが細胞に付着します。そして細胞内に侵入します。その後、その細胞内で増殖をして、細胞外に放出されます。そして、また次の細胞に付着をするという流れです。

これは私に予想ですが、この対象の犬からは、まだウイルスが検出されるだけで、増殖や放出は確認されていないはずです。そして、この犬は無症状です。人のように咳をすることなどなく、肺炎もみられていません。

犬はどのようなときに咳をするのでしょうか。

付着ではなく、感染とする根拠は、数日にわたる数回の検査で陽性反応が出たことによります。

犬の体では、簡単にウイルスが定着しないようにする働きがあります。自然免疫と呼ばれるものです。目や鼻や口は、ウイルスに暴露されやすいわけですが、ここには自然免疫が働きます。涙や鼻水、そして唾液によってウイルスは感染力を持たないか、極めて感染力のない状態に不活化されてしまいます。

この時間は長くて数日かも知れませんが、おそらく数時間も持たないでしょう。数時間でウイルスは不活化される可能性が高いわけです。

それが数日にわたって検出されたことをどのように解釈するか。そこで、感染の可能性となるわけけです。

ちなみに、動物の体ではなく、机、グラス、プラスチック、金属の表面ではどれくらいウイルスが感染力を維持できるかといいますと、これはそれぞれのウイルスによります。

今回話題になっている新型コロナウイルスでは、この検証はまだされていませんが、先に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスやMERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスでの実験結果があります。

これはドイツの研究者によるもので、2020年の3月6日に出された論文があります。

これが掲載されたジャーナルは、The Journal of Hospital infectionというもので、Persistence of coronaviruses on inanimate surface and their inactivation with biocidal agents(英語)という論文です。

これによりますと、最も長く感染力を維持したのは、プラスチックの表面で、SARSコロナウイルスで9日間でした。このときの温度は、室温とされています。

また、金属の表面では、最長5日間ですが、今回の新型コロナウイルス に近いとされるSARSウイルスでの実験結果です。SARSコロナウイルスは、アルミニウムでは最長8時間、木製品表面では4日間、紙の表面では5日間、グラス表面では4日間、も感染力を維持できています。

これは、新型コロナウイルスを使った実験ではないのですが、新型コロナウイルスとSARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスは塩基配列的には79.0%の類似点があるという論文があります。

これは、新型コロナウイスのゲノム解析を始めて行った、広州微遠基因科技(ビジョンメディカル)によるNGS(次世代シーケンサー)という装置での解析結果によるものです。そして、この研究結果は昨年2019年12月27日には出されていました。

Chinese Medical Journalに出された、Identification of a novel coronavirus sousing serve pneumonia in human a descriptive study

人に重症肺炎を引き起こす新型コロナウイルス という論文です。

いろいろな情報源からの見解として、現在のところでは犬に感染したという見方になります。今のところ、世界でただ1匹だけですが、今後も最新情報があればご提供したいと考えています。

まずは繰り返しますが、感染予防には手洗いをしっかりとしてくださいね。