【犬や猫に新型コロナウイルスは感染するのか?】 – 現在のところ、そのような事例はありません –

香港の漁農自然護理署(公的機関)は、ペットの犬から、COVID-19ウイルスが検出されたという報告をしました。単にペットにウイルスがくっついていただけなのか、それともペットに感染していたのかは、現在継続調査中のようです。

全文の日本語訳の前に、言えることは、この犬は、感染者が飼っていたということです。そして、何も症状を示していないということ、そして、現在のところ、感染したとか、発症したとかの明確な結論は出ていません。

例えるならば、感染者の自宅のドアノブから、COVID-19ウイルスが検出されたのと同じようなイメージです。つまりは、ドアノブにCOVID-19ウイルスが感染したとか、ドアノブには元々COVID-19ウイルスがいるのだとかという誤解は多くの方々にはないはずです。感染者とともに暮らす犬から、たまたま検出されたというだけのことしか公表されていません。

以下、公表内容の全文和訳です。

ペットの犬から低レベルのCOVID-19ウイルスが検出されました

2020年2月28日、香港漁農自然護理署(公的機関)のスポークスマンは、検査を受けたペットの犬からCOVID-19ウイルスの弱陽性反応が見られたと伝えました。

香港漁農自然護理署(公的機関)は、2月26日に保健省から1名のCOVID-19患者を引き受けました。そして、その患者の犬も香港漁農自然護理署(公的機関)に引き渡されることになりました。香港漁農自然護理署(公的機関)の担当者が、患者が搬入された同日に、太坑(Tai Hang)の患者の居住していた部屋から犬を引き取り、その犬を香港の動物飼育施設に送り届けました。COVID-19ウイルスを検査するための犬の鼻と口から採取されたサンプルから弱陽性反応が確認されました。この犬に、COVID-19に関連する症状は見られていません。

香港の動物飼育施設(検疫所)で隔離されているのは、現在のところ、この犬だけです。この施設には、この犬以外の動物はいません。この動物飼育施設(検疫所)の担当者は、施設内の洗浄と消毒を徹底しているところです。

現在のところ、香港漁農自然護理署(公的機関)は、ペットがCOVID-19ウイルスに感染したり、ヒトへの感染源になっているという証拠はないとしています。この部署では、この犬の綿密な追跡調査を予定しており、犬が本当に感染をしているのか、あるいは環境汚染の結果として犬の鼻や口を汚染しただけなのかを検査するためにサンプルを採取するようです。この犬に対する検査結果が陰性であれば、検査は繰り返し実施されます。

香港漁農自然護理署(公的機関)のスポークスマンは、公衆衛生と動物の健康を確保するために、COVID-19ウイルスの感染が確認された患者の哺乳動物ペットは、政府機関の検疫を受けるよう強く勧告すると述べています。ペットは、隔離と獣医師による14日間の監視を目的として、香港漁農自然護理署(公的機関)の施設に搬送されます。それらの動物からは、必要に応じて検査のためのサンプルが採取されます。

政府の広報担当者は、ペットの飼い主に衛生習慣を維持し、ペットと接触した後は石鹸やアルコール消毒剤で手を入念に洗うように勧めています。ペットの飼い主は、外出時にマスクを着用し、ペットの健康状態に何かしらの異常を認めた場合には、できるだけ早くに獣医師にアドバイスを受ける必要があります。

以上

情報のソースへのリンクはこちら→香港の漁農自然護理署(AFCD)のプレスリリース英文です。