【いろいろ試した結論】スローなダイエット しっかり体重を落とすには食事管理以外なかった

先日、友人が今バターコーヒーダイエットをやっていると話してくれたので、ちょっと驚きました。実をいうと、私もしばらくバターコーヒーを真面目に飲んでいました。
全く体重は減らず、その友人に効果のほどを尋ねると、やっぱり彼も体重は減ってはいないとのこと。

バターコーヒー作戦で、しっかりと結果を出した人もいるのだから、バターコーヒーがダメだとは言いませんし、私の方法が良いとも言えません。ただ、言えるのは、どちらも嘘偽りのない結果を伝えているということでしょうか。

だから、ハマる人にはハマるのだろうと思います。

バターコーヒーってなんなん?って方もあると思いますので、簡単に説明させてくださいね。

シリコンバレーのIT企業の創業者が編み出したダイエット方法で、朝にコーヒー、バター、ココナッツオイルをブレンダーで攪拌して乳化し、まるでラテのような飲み物にして朝食代わりにするというものです。

これで痩せた痩せたという人もいるし、全く効果なしという人もいます。

これは、「完全無欠コーヒー」と呼ばれ、「最強の食事」というタイトルの本で紹介されています。私がこの本を読んで思ったのは、このコーヒーだけで痩せようとする人は、まず成功しないだろうということです。

そのことはこの本にも書かれています。

この本で紹介されているのは、いわゆる低炭水化物ダイエットで、かつ、ファスティングダイエットです。糖質を制限し、1日の食事の最初の時間から6時間以内に、最後の食事をするというもの。つまり、はじめの食事を12時にとったならば、最後の食事は6時間後の18時までに済ませるというものです。

そこで、この完全無欠コーヒーと言われるバターコーヒーに出番です。

普段の朝食の代わりに、このコーヒーを飲むことで、お腹が満たされ、脂肪を燃焼する準備を体がはじめ、かつ、このコーヒーは食事としカウントしなくても良いというものです。

だから、朝から空腹に悩まされることなく、最初の食事となるお昼ご飯まで、乗り切りましょうねってことです。

しかも、その6時間の食事であっても、糖質制限ですよって。

まあ、これなら痩せますよね。痩せなかったらおかしいくらいの内容です。

そこまで読まずに、ただ単に朝にバターコーヒーだけ飲んで、どうにかしようとしても体重は変わらないでしょうし、バターコーヒーにはそれなりに脂質も多く入っているわけですから、もしかすると逆に太る可能性もあります。

そして、この「最強の食事」で注意なのは、この詳細なダイエット方法が最後までしっかりと本を読まないとピンとこないということです。

少なくとも私はそうでした。

そして、ナッツのオイルは大丈夫という話もあるのですが、だからナッツはいいよって。でも、脂質はやっぱりある程度にして基本制限すべきです。

私の場合、だいたい3か月くらいやった時点で、このバターコーヒーに別れを告げて、ハイ!次行ってみよーということで、糖質制限、脂質制限、ウォーキングくらいの軽い運動、週に1度の加圧トレーニング、ちょこっとプロテイン飲むということでだいたい3か月で3kgくらい痩せました。

無理のない、まあ続けられるもので、いまでもリバウンドは全くありません。そして、少しくらい暴飲暴食しても、すぐに体重が戻りますし基本的には増えません。

次に記事で初めて6か月以上続けられているスローでちゃんと効果のあるダイエットの詳細を紹介しますね。